注意

WordPress 4.9.3からv4.9.4へは自動アップデートが適用されません。
ダッシュボードなどからの手動アップデートが必要です。


「WordPress 4.9.4」がリリースされました。
先日、v4.9.3がリリースされたばかりですが、何事かと思ったらv4.9.3には自動アップデートを行うとPHPの致命的なエラー(Fatal Error)を引き起こす重大なバグが含まれていて、前バージョンの公開からわずか1日足らずでv4.9.4がリリースされたようです。
よって、WordPress 4.9.3からv4.9.4にアップデートするには、自動アップデートが適用されないため、手動でのアップデートが必要になります。
手動アップデートといっても、プラグイン同様、ダッシュボードからワンクリックで更新が可能です。
なお、このバグは開発サイクルでは検出されず、v4.9.3のリリース後に発見されたとのことです。

重大なバグの内容

自動アップデートのcronタスクを実行する際に生成されるAPIの呼び出し数を削減する#43103-coreがバグを含んだままコミットされてしまい、find_core_auto_update()への依存関係を全て満たすことができないためにPHPの致命的エラーが発生する、という内容です。

セキュリティ

今回のバグはセキュリティ上の問題はありません。
しかし、今後もWordPressを自動アップデートするためには、まずはWordPress 4.9.4へのアップデートが必要となります。

WordPress 4.9.4でアップデートされるファイル

下記の2ファイルのみがアップデートされます。

wp-includes/update.php
wp-includes/version.php

おきもち

WordPressチームは動きが早いですね。
再発防止策の策定とかバグ検出ツールの改善なんかも検討してフォローアップしてくれるみたいです。
ただ、WordPress 5のリリース前なので少し心配です。

参考


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。