7 days ago

Make WordPress Coreに「Servehappy Roadmap」という記事が上がっていました。
何やら、WordPressがPHPのバージョンアップを啓蒙するプロジェクトを始めるらしいです。

プロジェクト名は「Servehappy」


プロジェクト名は「Servehappy」です。
このプロジェクトの長期的な最終目標は、

Reduce the number of WordPress installations running on an unsupported PHP version

とあります。
つまり、WordPressがサポートしていないPHPバージョンの利用を減らすプロジェクトみたいです。
他の目標としては、WordPressサイトのオーナーにPHPの最新バージョンを利用するように啓蒙したりツールを提供したりもするみたいです。
ちなみに、GitHubにもプロジェクトが上がっています。
コンテンツのドラフト?もあるみたい。

Servehappyのモックアップ


モックアップは下みたいな感じ。


WordPressの管理画面でも通知が行われるみたい。


PHPのバージョンが古いとプラグインのインストールもできなくなるみたいですね。


Servehappyのスケジュール


下記のスケジュールが組まれているみたいです。

  • 2018年1QにWordPress.org内にサイト作成
  • 2QにWordPress管理画面で通知を開始
  • 3QにWordPressのPHP要件の絞り込み

ちなみに、WordPressが推奨するPHPバージョンが7.2になっていました。


PHP 7.2ってリリースされたのが昨年末だと思うのですが、WordPressは対応が早いですね。
メンテナンスされていないプラグインの整理整頓やソースの修正、テーマのソースも見直さないと…。

Speak your thought!