Reducing Chrome crashes caused by third-party software」の和訳です。

Windows Chromeユーザーの約3分の2は、ユーザー補助機能やウイルス対策ソフトウェアなど、Chromeとやり取りする他のアプリケーションがPCにインストールされています。
以前は、このソフトウェアが正しく機能する為にChromeにコードを挿入する必要がありました。
残念ながら、Windows Chromeにコードを挿入するソフトウェアを持つユーザーは、クラッシュを経験する可能性が15%高くなります。
現在、Chrome拡張機能ネイティブメッセージングでは、Chromeプロセス内でコードを実行する為の最新の代替方法があります。
Chrome 68は、2018年7月からサードパーティー製のソフトウェアがWindowsのChromeにコードを挿入する事をブロックし始めます。

これらの変更は3つのフェーズで行われます。

2018年4月、Chrome 66はクラッシュ後に警告を受けたユーザーに他のソフトウェアがChromeにコードを挿入している事を警告し、そのソフトウェアを更新または削除する様に指示します。

2018年7月、Chrome 68はサードパーティー製ソフトウェアのChromeプロセスへのコード挿入をブロックし始めます。
このブロックによってChromeの起動が妨げられた場合、Chromeは再起動してコードの挿入を許可するだけでなく、ソフトウェアの削除をユーザーに指示する警告も表示します。

最後に、2019年1月にChrome 72はコードの挿入を常にブロックします。

Chromeにコードを挿入する殆どのソフトウェアはこれらの変更の影響を受けますが、いくつかの例外があります。
マイクロソフトが署名したコード、アクセシビリティーソフトウェア、およびIMEソフトウェアは影響を受けません。
Chromeの全ての変更と同様に、開発者は早期にChrome Betaを使用する事をお勧めします。

コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。