WordPress 4.9がリリースされました。
ジャズミュージシャンのBilly Tipton氏から名称を取っているそうです。

WordPress 4.9 “Tipton”

デザインの下書き、固定、予約公開、プレビューリンクにより改善されたカスタマイザーワークフローが実装されています。
また、コードのシンタックスハイライトとエラーチェックにより、サイト構築はよりスムーズになります。
新しいギャラリーウィジェットと、テーマの閲覧と切り替え機能の改善もあります。
色々な改善が行われていますが、内容を抜粋すると以下になります。

カスタマイザーワークフローの改善

サイトデザインカスタマイズの下書きと予約公開

投稿の下書きを作成し、手を加え、日時を指定して予約投稿するのと同様に、サイトのデザインを修正し、好きなようにデザイン変更の適用・公開を予約することが出来ます。

デザインプレビューリンクとの連携

サイトデザインの変更に対して、WordPress 4.9ではチームや顧客にプレビューリンクを送ることができ、デザイン変更の公開を予約する前にフィードバックを集め、まとめることが出来ます。

変更を保護するデザイン固定

WordPress 4.9のデザイン固定機能(投稿の固定と同様に)、誰かがデザインを変更したり、大変な努力を消してしまうことがないように、デザイン案を保護します。

努力を守るプロンプト

既存のサイトデザインに変更を加えた場合、WordPress 4.9は未保存の変更を保存するかどうか訊いてきます。

コーディング強化

シンタックスハイライトとエラーチェック

これまでは表示に問題があっても、書いたCSSのどこに間違いがあるのか分かりませんでした。
CSS編集とWordPress 4.8.1で導入されたカスタムHTMLウィジェットに対して実装されたシンタックスハイライトとエラーチェックを使えば、コーディングエラーをすばやく特定出来ます。
より一層簡単にコードを読み、調査し、すばやくコードエラーを修正するのに役立ちます。

安全のためのサンドボックス

真っ白な画面は非常に恐ろしいですね。
WordPress 4.9はエラーを保存すると警告するので、テーマやプラグインに取り組んでいるときに白い画面を避けられます。

前もって潜在的な危険性を警告

テーマやプラグインを直接編集すると、それが危険なやり方だとWordPress 4.9に警告されます。
次回の更新によって変更が上書きされてしまう事が無い様に、保存する前にファイルをバックアップすることをお勧めします。

さらなるウィジェットの更新

新しいギャラリーウィジェット

WordPress 4.8でメディアが徐々に改善され、WordPress 4.9では、ウィジットでギャラリーを追加出来る様になりました。

ボタンを押して、メディアを追加

テキストウィジェットにメディアを追加したいですか?
シンプルで実用的な「メディアを追加」ボタンを使って、画像や動画、音声ファイルをウィジェットに直接、テキストと一緒に埋め込めます。

サイト構築の改善

テーマ切り替えをより確実に

テーマを切り替えると、ウィジェットが位置を移動してしまう事がありました。
WordPress 4.9ではそれが改善され、新しいテーマに切り替える時にも、メニューとウィジェットが変わらず同じ場所にとどまります。
また、インストール済みのテーマをプレビューする事も、新しいテーマをダウンロードして、インストール、プレビューする事も出来ます。
デプロイ前にプレビュー出来る事ほど便利な事はありません。

メニューの説明の改善で、より分かりやすく

メニュー作成は、よりスムーズな作成プロセスに向けUXを改善しました。
新しい案内文が表示されます。


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。