まぁ、AMPページの目的からしてそうですよね。

ユーザーに高品質のAMPページを

上記のリリースには下記の記載があります。

サイトによっては、非AMPの正規ページとAMPページという2つのバージョンのコンテンツが公開されている場合があります。
しかしながら、一部のサイトにおいてAMPページのコンテンツとオリジナル(正規)ページのコンテンツが異なるケースが見られます。
そのような場合、ユーザーは実際のコンテンツにアクセスするためにもう一度クリックしなければなりません。
AMPは、ウェブのパフォーマンスの大幅な向上と、高速で一貫したコンテンツ利用のエクスペリエンスの提供を目指して導入されました。
こうした目標を踏まえて、今後、ページをGoogle検索結果にAMPページとして表示するためには、AMPページと正規ページのコンテンツを同等にすることを要件として義務付けます。

改めて、ユーザーのWebエクスペリエンスも重要って事ですね。

コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。