ふとAMPページ不要かなと思い、AMPプラグインを無効化したんです。
そしたらエラー?と言うか何故かページの途中までしか読み込まれなくて無効化出来ませんでした(笑)
原因は不明です・・・何かしたっけな・・・。
という事で、AMPプラグインを無効化出来ません。
やや無理やりではありますが、AMPプラグインを有効化しつつ、メタタグにAMPページのURLを出力しない様にしました。

AMPプラグインはヘッダーにamphtmlというメタ情報を出力している

AMPプラグインは下記の様なメタ情報をヘッダーに出力しています。

<link rel="amphtml" href="http://example.com/2017/xx/xx/permalink/amp/" />

これをGoogleがキャッシュしていく訳ですが、これを出力しない様にします。

amp/includes/amp-frontend-actions.phpを編集

AMPプラグインのamp/includes/amp-frontend-actions.phpに下記の1行があります。

add_action( 'wp_head', 'amp_frontend_add_canonical' );

これを下記の様にコメントアウトしました。

// add_action( 'wp_head', 'amp_frontend_add_canonical' );

これでAMPプラグインはヘッダーにAMPページのメタ情報を出力しなくなります。
それでいて、AMPページ自体は無効化されていないので、AMPページのURLをブラウザで叩けば見れます。
ただ、AMPプラグインがアップデートしたらこの1行も復活すると思うので、毎回コメントアウトが必要です。
function.phpにコード書いても良いかも知れないけど。

コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。