Google Security Blogに「Next Steps Toward More Connection Security」という記事が上がっています。

2017年10月にリリース予定のChrome 62から、任意の入力フォームを含むHTTP接続のページで、ユーザーがフォームへの入力を開始した際、警告が表示される様になるというもの。

シークレットウィンドウではすべてのHTTP接続ページで常に警告が表示されるみたい。
Chromiumのサイトには「HTTP接続は“Non-Secure”」と明記されています。
Webサイト全体HTTPS化(常時SSL)の流れはもう止まらない」の記事にもある様に、これが世界の選んだ道なのか・・・。
(Web担のサイトはHTTPだけど)

このブログではサイドウィジェットに検索バーを付けていますが、これも対象になるんでしょうね・・・?
取り合えずheteml(ヘテムル)さんはグローバルサインじゃなくて良いのでもっとリーズナブルなSSLを準備してくれませんかね(白目


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。