AMPってご存知でしょうか。
Accelerated Mobile Pagesの略で、モバイル端末でウェブページの表示を高速化するためのプロジェクトです。
略してAMP(アンプ)と呼ぶみたい。
GoogleとTwitterの共同プロジェクトのよう。
BuzzFeedやPinterestなんかもプロジェクトに参画しているようですね。

AMPはこう動く

AMP HTMLというフレームワークが用意されています。
このフレームワークに則ってWebページを構築すると、Googleがキャッシュしてくれる仕組みです。
モバイル端末でAMPに対応したページにアクセスすると、キャッシュを使ってコンテンツが爆速で表示されるわけです。
Accelerated Mobile Pagesのページにある様に、かなり快適に動きそう。

JavaScriptが動かない

AMPではJavaScriptが動かない模様。
んじゃGoogle Analyticsはどうするの、って感じですが、これはAMP-PIXELなる手段で解決出来そうです。
しっくり来ないけど・・・。

Googleのキャッシュページにアクセスするので元サイトにはアクセスされない

AMPでアクセスするのはあくまでもGoogleのキャッシュページです。
元となるページにはアクセスされません。
これはこれでどうかとも思うけど・・・今後の仕様策定を見守ります。

イチイチAMP HTMLなんて書いていられません

そうです。
その為のCMSです。
AutomatticがWordPress向けのAMPのプラグインを公開しています。
そして先日、バージョンが0.1→0.2になりました。
何が変わったのかと言うと・・・

wp-amp

Automatticの人めっちゃ頑張ってそう(汗)

実際にAMPプラグインを入れてどうか

AMPのv0.1を導入してから、Google Search Consoleに認識され始めました。

searchconsole-amp

しかしエラーばかり(汗)
Automatticがv0.2を公開してくれたので、様子見ですね。

実際にどう見えるか

WordPressのAMPプラグインでは、URLの最後に/amp/を追加する事でAMPのページが確認出来ます。

通常のページ「https://blog.6ix.jp/2016/01/31/wordpress-amp-plugin/
AMPのページ「https://blog.6ix.jp/2016/01/31/wordpress-amp-plugin/amp/

amp-share

SNSの共有ボタンがテキストだけの表示になっちゃってるのがちょっと気になる・・・。


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。