先日、Twitterがソーシャルボタンの仕様を変更しました。
Twitter公式ブログには以下の様にある。

今まで提供してきたツイートボタンとフォローボタンのデザインを一新すると同時に、今後はツイートボタンにツイート数を表示しなくなります。変更は2015年11月20日までに完了する予定です。

技術的な問題もあるんだろうけど、BLOGOSにはこんな記事もある。

昔の検索エンジンとSEO業者のイタチごっこよろしく、いまでは、ロボットTwitterアカウントが大量に作られ、そうしたアカウントが記事をTweetすることにより、人為的にTweet数を押し上げている。こうした簡単な対策で、ニュースキュレーションサイトは、アホのように騙されている。これは、初期のGoogleが、被リンク数を重要な指標としていたために、人為的にリンクするだけのサイトを業者が作って、被リンク数を稼ぎだし、Googleを騙していたのと同じだ。

永江一石さんのブログにも同様の指摘があります。

実名式のFacebookとは違い、Twitterはいくらでもアカウントを作れるので、自作自演が可能だった。特に情報商材屋とかはたくさんのアカウントを作ってツイートをし、いかにも多くの人たちに支持されているように見せ掛けていたのであったが、Gunosyなどのキュレーションメディアはそれを見抜けず「ツイート数が多い = 人気」という風に認知してしまっていたこともあった。いままで「これ、めちゃくちゃツイートされるたから人気なんだ」と思って釣られツイートしていた人たちの数は減り、本当にいいと思わないとなかなかツイートしなくなる。

個人的には、氾濫したソーシャルボタンが最近は嫌いだったのでいいぞもっとやれという感じで他のソーシャルメディアも続いて欲しいものです。
きっとこっちの方が、本当に自分が共有したい記事をシェア出来る様になると思うし。


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。