最近、このブログのトラフィックにリファラースパムが多い。
Google Analytics見てても邪魔で仕方ない。
なので、取り合えず.htaccessでアクセス自体をブロックしようと思う。

ドメイン拒否を.htaccessで行う

下記を.htaccessに記述。

SetEnvIf Referer “リファラースパムのURL” 任意の名称
order allow,deny
allow from all
deny from env=任意の名称

多分これでいけるはず。
このブログの場合、以下のリファラースパムが多かったので、複数行記述。

SetEnvIf Referer “get-free-social-traffic.com” refererspam
SetEnvIf Referer “get-your-social-buttons.info” refererspam
SetEnvIf Referer “floating-share-buttons.com” refererspam
SetEnvIf Referer “copyrightclaims.org” refererspam
SetEnvIf Referer “rankings-analytics.com” refererspam
SetEnvIf Referer “qualitymarketzone.com” refererspam
SetEnvIf Referer “free-floating-buttons.com” refererspam
SetEnvIf Referer “video--production.com” refererspam
SetEnvIf Referer “alibestsale.com” refererspam
SetEnvIf Referer “event-tracking.com” refererspam
SetEnvIf Referer “success-seo.com” refererspam
SetEnvIf Referer “Get-Free-Traffic-Now.com” refererspam
SetEnvIf Referer “justprofit.xyz” refererspam
SetEnvIf Referer “pex.jp” refererspam
SetEnvIf Referer “rednise.com” refererspam
order allow,deny
allow from all
deny from env=refererspam

これで多分大丈夫なはず。
初めはGoogle Analyticsでフィルターをかけようと思っていたけど、元々のアクセスから遮断した方が良いと思い、.htaccessでブロックする事にしました。

リファラースパムって何?

ブログをやっている人はアクセス解析が好きだと思います。
特に、どのサイトからやって来たのかが分かる「参照元」とか。
本来であれば、この参照元は、参照元サイトに参照先サイト(例えばこのブログ)のURLがリンクとして貼られていないといけません。
ですが、リファラースパムはリンクを貼らず、ひたすらbotをアクセスさせ、参照元と偽りアクセス解析に紛れ込んできます。
目的は、アクセス解析を見ている管理者を、リファラースパムのURLに誘導するため。
リファラースパムのURLに誘い込んで、アフィリエイトやらフィッシングやらを行います。
なので、アクセス解析の参照元にある怪しいサイトはアクセスしない方が良いです。
怪しいな、と思ったURLは、Googleで「”」で囲んで検索すればある程度の情報は出てきます。
また、aguse.jpを使うのも手です。

コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。