いやぁ、参りました。
リファラースパムのアクセスがGoogle Analyticsで目立つので.htaccessでアクセスブロックしようと試みましたが、意味がありませんでした。
そもそも、リファラースパムは実際にサイトを訪問しているわけではなかったっぽいんです。

リファラースパムはどうやってアクセス解析に紛れ込むのか

Google Analyticsのスクリプトに直接アクセスしているっぽいです。

【参考】Googleアナリティクスのリファラースパムを95%以上回避する裏技

実際に、下記のURLをコピーして、「UA-12345678-99」の箇所をご自身のプロパティIDに変更してアクセスしてみてください。該当のGoogleアナリティクスのリアルタイムビューを見ると、/ReferrerSpam.htmlというページへのアクセスが発生すると思います。
https://www.google-analytics.com/collect?v=1&tid=UA-12345678-99&cid=555&t=pageview&dh=example.com&dp=/ReferrerSpam.html&dt=ReferrerSpam

「/ReferrerSpam.html」を適当にありもしないファイル名にしてURLを叩いてみました。

rs1

来た…。

rs2

・・・。
という事で、リファラースパムは実際にアクセスなんてしていなかったのです。
リファラースパムって打つ手無しなのでしょうか。
といか、実際にアクセスしていないなら、Google Analyticsでフィルターかけちゃえば良いか…。


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。