先日、WordPress 3.7「Basie」がリリースされました。
今回のアップデートでの主な更新は以下です。

  • あなたが眠っている間にアップデート: WordPress 3.7では、メンテナンスおよびセキュリティのアップデートプログラムを適用するには、指を持ち上げる必要さえありません。ほとんどのサイトは、バックグラウンドで自動的にこれらのアップデートを適用することができます。アップデート処理は、たくさんの新しいチェックと予防対策で、より一層信頼性と安全性が増しまし た。
  • 強力なパスワード推奨: パスワードはあなたのサイトの最初のディフェンスラインです。複雑で長く、そしてユニークなパスワードを作成するのが最善の方法です。そのため、 WordPress 3.7 のパスワードメーターがアップデートされ、パスワードの強度を弱める一般的なミス — 日付、名前、キーボードパターン(123456789)、さらにはポップカルチャーへの参照さえも — を識別するようになりました。
  • より良いグローバルサポート: WordPress のローカライズバージョンは、より速く、より完全な翻訳を受け取れるようになりました。WordPress 3.7では、自動的に正しい言語ファイルをインストールし、そうした言語ファイルを最新に保つためのサポートが追加されました。英語以外の言語で WordPress を使用する何百万人のものユーザーにとっては朗報でしょう。

という事で、バックグラウンドでの自動アップデートが有効になる模様。
これって、手動更新にも出来るんですよね?
というのも、プラグインは突然動かなくなる事が多いので、できれば手動で更新したいんですよね。
って思っていたらきちんと自動アップデートを無効に出来るみたいです。

自動バックグラウンド更新について
本バージョンより自動バックグラウンド更新機能が実装されました。デフォルトではマイナーリリースにおいてコアファイルがバックグラウンドで自動的に更新され書き換わります (3.7 から 3.7.1 のようなケース。3.7.x から 3.8 のような場合は起こらない)。現在の仕様では、英語版のコアファイルが適用されるため、readme.html、wp-config-sample.php などが英語のファイルに置き換わってしまいますが、これらの変更が日本語の表示や日本語版としての機能に影響を与えることはありません。セキュリティ修正など WordPress の重要な更新を管理者の手を煩わすことなくすばやくサイトに適用してくれる自動バックグラウンド更新機能ですが、運営の形態によってはオフにしておきたい場合もあるかもしれません。設定の変更方法については、自動バックグラウンド更新の設定を参考にしてください。

良かった…けど、設定がちょっと面倒だぞ?w


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。