Twitterは「time ago」という表示ですが、それをWordPressでもやっちゃおう、って話。
function.phpに以下を記述。

add_filter('the_time', 'timeago');

function timeago() {
    global $post;
    $date = $post->post_date;
    $time = get_post_time('G', true, $post);
    $time_diff = time() - $time;
    if ( $time_diff > 0 && $time_diff < 24*60*60 )
        $display = sprintf( __('%s ago'), human_time_diff( $time ) );
    else
        $display = date(get_option('date_format'), strtotime($date) );

    return $display;
}

僕は使っていませんがこれで出来るらしいよ。ただ、the_time()の設定を管理画面から任意で行っていたらどう吐き出されるかは分かりません。


コメントを投稿する

* が付いている項目は必須です。
メールアドレスが公開されることはありません。